Home » NEWS » 平成29年度地球温暖化対策関係予算案のまとめを環境省が公表しました

平成29年度地球温暖化対策関係予算案のまとめを環境省が公表しました

category : NEWS 2017.3.15 

環境省は、2月28日に平成29年度の地球温暖化対策関連予算案のまとめを発表しました。
平成28年度に比べて若干予算額が少なくなっているものの、来年度も多額の予算がつく見通しです。2030年までに石油危機後と同等の大幅な省エネを目指す経済産業省をはじめとして、各省庁が力を入れていることが伺えます。

平成29年度地球温暖化対策関係予算案
A.2030年までに温室効果ガスの削減に効果があるもの 4,325億円
B.2030年以降に温室効果ガスの削減に効果があるもの  566億円
C.その他結果として温室効果ガスの削減に資するもの 2,903億円
D.基盤的施策など  382億円

※内数として、地球温暖化対策関係予算に該当する額が特定できないものは計上されていません。

「A.2030年までに温室効果ガスの削減に効果があるもの」の内訳

経済産業省 1,346億円(31%)
・省エネルギー投資促進に向けた支援補助金  673億円
・クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金 123億円
・地熱資源量の把握のための調査事業費補助金  90億円 等
農林水産省 1,322億円(31%)
・森林環境保全整備事業 795億円
・水源林造成事業    248億円 等
環境省 1,283億円(30%)
・廃棄物処理施設への先進的設備導入推進事業 217億円
・再生可能エネルギー電気・熱自立的普及促進事業(経済産業省連携事業)80億円 等
国土交通省 186億円(4%)
・環境・ストック活用推進事業 104億円 等
その他、復興庁、他省庁も予算を計上しています。

いわゆる経済産業省の「省エネ補助金」は「省エネルギー投資促進に向けた支援補助金」という名称になり、例年のエネルギー使用合理化等事業者支援補助金に類似した補助金、省エネ効果の高い設備単体の更新、ZEH、ZEB、省エネリフォームの支援が合計され、673億円(正確には672.6億円)となっています。
昨日3月14日に、例年同様に平成29年度「省エネルギー投資促進に向けた支援補助金(省エネルギー投資促進に向けた支援補助事業のうちエネルギー使用合理化等事業者支援事業)」の執行団体が一般社団法人環境共創イニシアチブ(通称SII)に決定されましたので、予算決定し次第エネマネ事業者の募集が始まると思われます。
毎年人気の省エネ補助金ですが、採択率を上げるには事前準備が重要です!
ぜひお早目にご相談ください♪

参考:平成28年度の地球温暖化対策関連予算案

平成28年度地球温暖化対策関係予算案
A.2020年までに温室効果ガスの削減に効果があるもの 3,955億円
B.2030年までに温室効果ガスの削減に効果があるもの(Aを除く)  884億円
C.2030年以降に温室効果ガスの削減に効果があるもの(A、Bを除く)  617億円
D.その他結果として温室効果ガスの削減に資するもの 3,039億円
E.基盤的施策など  499億円

※内数として、地球温暖化対策関係予算に該当する額が特定できないものは計上されていません。

資料出典

平成29年度地球温暖化対策関係予算案について – 環境省、平成29年2月28日発表
平成28年度地球温暖化対策関係予算案について – 環境省、平成28年3月22日発表

comment closed

Copyright(c) 2017 スターメンテナンスサポート All Rights Reserved.