Home » 電気保安管理-高圧受電法定点検-

電気保安管理-高圧受電法定点検- 

これまで数多くのお客様の電気設備において安全に、かつ適切な運用が出来るよう 管理してまいりました。

電気保安においても、お客様設備の異常に際し、スピーディーな対応できるよう、ecoPuによる 24時間・365日の遠隔監視を行い、常にお客様設備の安全を見守っています。

弊社が行う高圧受電設備の法定点検についてはこちら

 

電気主任技術者とは

電気主任技術者は、電気設備のスペシャリストです。

お客様の電気設備を担当の主任技術者が維持・管理いたします。
電気主任技術者はお客様の電気設備を巡回点検し、その状態を測定・試験いたします。
また、電気を安全・合理的にお使いになるための設備診断やご相談を承ります。

電気主任技術者はエコソリューションの一翼を担っています。

【電気主任技術者の主な役割】

1.電気設備の巡回点検

最高水準の技術力と最新の計測器でお客様の電気設備を点検・試験いたします。

2.電気設備の異常や事故の原因調査・復旧作業

電気設備の異常や事故の原因を調査し、復旧作業を行います。

3.各種診断・電気設備に関するアドバイス

電気設備に異常や事故があった場合は、再発防止のアドバイスをいたします。
また、省エネルギー実現のためのご相談もお受けいたします。

電気事業法では、事業者が設置する事業用電気工作物(自家用電気工作物を含む)の工事、維持、運用 に関する保安の監督をさせるため、原則として電気主任技術者免状の交付を受けている者のうちから、 主任技術者を選任することが定められています。※自家用電気工作物とは自家用電気工作物とは、電気事業法第38条において、「電気事業の用に供する電気工作物及び 一般用電気工作物以外の電気工作物」と定義されており、具体的には、次のようなものが該当します。(ビル、工場、建設現場等の電気設備)

・電力会社等から600Vを超える電圧で受電して電気を使用する設備
・発電設備(次の小出力発電設備を除く。)とその発電した電気を使用する設備
※小出力発電設備とは次のとおり
(1) 出力20kW未満の太陽電池発電設備
(2) 出力20kW未満の風力発電設備
(3) 出力10kW未満の水力発電設備(ダムを伴うものを除く。)
(4) 出力10kW未満の内燃力を原動力とする火力発電設備
(5) 出力10kW未満の燃料電池発電設備
(固体高分子型のものであって、最高使用圧力が0.1MPa未満のものに限る。)
・電力会社等からの受電のための電線路以外に構外にわたる電線路を有する電気設備

弊社が行う高圧受電設備の法定点検についてはこちら

 

ecoPuによる遠隔監視

電気保安においても、ecoPuによる、24時間365日遠隔の監視を行います。これにより、さらなる安全性が高まり電気を使用する 上でリスクを軽減し、万一の事故に備え、お客様と電気主任技術者の連携をスピーディーにすることが可能です。
「停電」「漏電」「絶縁」をセンサーで感知し、自動的に監視センターに通報します。お客様にも速やかにご連絡をいたします。
これにより今まで監視出来なかった時間帯も100%監視することが出来、事故につながる要因の早期発見が出来ます。


東芝製 絶縁・デマンド・設備監視端末

【絶縁レベル監視】24時間体制で絶縁レベルの低下を監視します。
どのような漏電が、お客様の設備内でいつ発生し、いつ復旧したのかを常に計測と監視を行い、 事故につながる情報を発見した場合、弊社24時間監視センターに自動通報いたします。【停電監視】24時間体制で停電を監視します。
もし停電が起こっても監視端末にはバッテリーを搭載していることから、すみやかに弊社24時間 監視センターに自動通報いたします。

詳しいecoPu(エコパ)の説明はこちら

ページトップへ戻る
Copyright(c) 2012 スターメンテナンスサポート All Rights Reserved.